オリジナル布小物パターンSHOP
ホームドットボタン使用時の補強*

 

大きなポケットをつけた場合ポケットを止めるドットボタン(リングボタン) の付け方です。

ここではスナップの基本的な使い方は省きますので(購入時のパッケージなどに説明がありますよね?)

平テープへの付け方説明です。

 15ミリ幅コットン平テープ8センチを半分に折り、縫い代1で縫います。

 縫い代が中にくるように裏返します。

 縫い目が裏になるようにドットボタンをつけます。

画像はマルチプライヤー を使用しておりますがなければ当て布をして金槌でたたいて取り付けます。

 平テープにつけました。あとはバッグに縫い付けるだけです。

 

画像は分かりにくいですがB-11(ファスナー付きグラニーバッグ)本体表地の裏です。

平テープ取り付け位置に補強用の端切れを当てています。本来ならボタンの裏に来る部分に補強としてアイロン接着の厚手接着芯を使用しますが補強方法の一例としてご紹介します。

 端切れの余分はカットします。

 ポケット側です。

生地に直接ドットボタンを取り付けるよりも平テープにつけて縫い付けるほうが耐久性が高まります。

開閉頻度が高そうな場合はこの方法がお勧めです。

 

このように平テープにドットボタンを取り付け、上端をバッグに縫い付ける方法もあります。

 

 

  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス